基本的に未経験でも応募できます

飲食求人は基本的に未経験でも応募できます


飲食業界は現代の社会にあるサービス業の中でも、特に求人の多い業界となっています。

求人の種類にもさまざまな種類があり、店舗内でのスタッフから本社勤務のスタッフまで、また店舗勤務の求人でもホールスタッフやキッチンスタッフなどがありますし、本社勤務では事務員やマネージャーなど、さまざまな職種があります。

大規模なチェーン店などになると非常に高い収益をあげていますが、この業界は基本的に未経験でも求人に応募することができます。

特に飲食求人の中でも、ホールスタッフやキッチンスタッフのように店舗で勤務するという場合は、ほとんど特別な条件は必要となりません。

未経験者であっても十分に働くことができますから、高校生などが初めて行うアルバイトとして飲食を選ぶことも多々あります。

これはなぜかというと、基本的な作業が単純であることが多いからです。
ホールスタッフであればオーダーをキッチンへ伝えて料理を運ぶ、接客を行うというのが基本的な作業になりますし、キッチンの場合は事前に定められたレシピを忠実に再現して、オーダーに応えていくことが基本作業となります。

こうした作業は事前にある程度の講習を受ければ誰でも行うことができますから、特別な能力が無くとも応募ができるのです。

ただ本社勤務ということになるとやや特殊なケースが出てくることもあります。
新卒採用の場合には未経験者でも十分に採用してもらうことができますが、中途採用になると経験がある人を優遇したり、未経験者だと採用が厳しくなることも多いのです。
これは本社勤務で行う業務の多くが、実際に店舗で働いた人でなくては難しいことが多いからです。

例えばお客様がどのような接客を望んでいるのかということや、店舗で実現できることと実現できないこと、売上などの感覚のつかみ方など、現場を見ていなくては理解できないことが少なくありません。

企業によっては経験が無くとも最初に店舗で働くことによって経験を積める環境を整えてくれることもありますが、基本的に中途採用というのは即戦力であることが求められますから、新卒採用やアルバイト採用と比べるとハードルが上がることは間違いないでしょう。

飲食業界の求人は多く出されており、基本的には未経験でも応募できます。
ただ中には即戦力を期待しているため、例外的に経験者を優遇する求人もあるということをしっかり覚えておき、募集要項は隅から隅までチェックするようにしましょう。”